さく井工事の申し込み【専門スタッフが対応してくれる】

最新記事一覧

建設業の許可が必要

工事現場

深い水脈まで掘る

さく井工事は、ボーリングなどの機器を使って地面を掘削して、地下水や温泉、石油や天然ガスを掘り出すこととされています。さく井工事を行うには建設業の許可が必要になっていて、許可を取らずにさく井工事を行ってしまうと法律によって罰則の対象となります。しかし、井戸を掘ろうと思った場合にはわずか数メートルの水脈であれば個人的にも掘れるかもしれませんが、浅いところの水脈は水質が安定しないため井戸には適していません。例えば、大雨が降ったときには浅い水脈は水が濁ってしまいますし、浅い水脈では地表の温度変化が伝わってしまい、井戸水の特徴の夏は冷たく冬は暖かいといったこともなくなります。そのため、さく井工事は深くまでボーリングしなければいけないため、業者でなければ行うことができない工事だといえます。日本は地下水が豊かな国なので、ほとんどの地域でさく井工事を行えば地下水を得ることができると言われています。しかし、さく井工事をしてみないとその地下水が飲用に適しているかや安定した水量があるかどうかはわからないのが実情です。業者にさく井工事を頼んだ場合には、やみくもに地面を掘るのではなく、最も地下水が得やすい位置を調査してから工事を行います。確実性は高くはなりますが、それでも絶対ではないため、業者にさく井工事を依頼するときには、安定して水が得られない場合には料金がかからない約束ができているところを選ぶとよいでしょう。