さく井工事の申し込み【専門スタッフが対応してくれる】

最新記事一覧

重機

井戸を掘る目的とは

さく井工事を行い、地下水を使うことによって農業や工業のように水を大量に使う企業では水道料金を節約することができます。家庭やオフィスでは一年中温度の変わらない地下水を利用した冷暖房システムが最近注目されています。

工事現場

建設業の許可が必要

さく井工事を行うには建設業の許可が必要になってきますが、井戸水の利点を得るためには深い井戸が必要になるので、業者に依頼してください。依頼する業者は、確実に水が得られない場合には料金がかからない約束をしてくれるところが良いでしょう。

作業員

井戸掘りにかかる費用

さく井工事は深くまでボーリングすることが多いので、平均30万円程度かかることが多くなっています。工事費にはポンプ代や水質検査の料金は含まれていないので、工事品質と追加料金についてもしっかり確認の上、業者に依頼するようにしてください。

重機

自宅に井戸を掘る

最近、自宅の敷地に井戸を掘る人が増えています。さく井工事の依頼数も増加しています。井戸を掘る際の注意点は、取水層をしっかり見極めることです。そのためには周囲の地層や地下利用を調べる必要があります。さく井工事には、周りの地層を壊さない工夫も重要なのです。

井戸

井戸を掘る際の注意点

地下水をくみ上げたり温泉や石油・地熱を利用したりする目的で井戸を掘ることを、さく井工事と呼びます。さく井工事を行う前には地形や地質の状態に加え、法的規制の有無や周辺環境に関する事前調査が欠かせません。井戸は施工後も点検や洗浄など定期的メンテナンスを要するため、施工業者のサポートも重要なポイントです。

井戸が今でも人気の理由

井戸

災害時に利用できます

昔は水を利用する時には井戸を使っていましたが、水道が普及するにつれて昔ながらの井戸は使われなくなりました。しかし、現在さく井工事を行い、ポンプを使って地下水を利用することの人気が高まってきました。井戸は水脈までさく井工事を行い、鋼管とポンプを設置して地下水をくみ上げます。さく井工事直後は砂や土が混ざった濁った水ですが、汲み上げ続けていくと澄んだ綺麗な水になります。さく井工事を行い、鋼管とポンプを設置して地下水が利用できるようになるのに、それほど深くまで掘らなくても10万円以上の工事費はかかります。それでも井戸水に人気があるのには、2つの理由があります。まず、一度井戸を掘ってしまえば、地下水を利用するのに安価な電気料金だけで済み、水道料金は全くかからないことがあげられます。広い田畑を持っている人は作物の水やりに水道を使うと莫大な水道料金がかかりますが、地下水を利用すれば水道料金を節約することができます。第二に人気になっている理由として、災害時でも安定して水を利用できることがあります。いつおきるかわからない巨大地震のときに、初期で最も困るのが水がたくさん使えないことです。ポンプ用に自家発電機を用意しておけば、ペットボトルで節約しながら使用するということはせずにふんだんに水を使うことができ、飲用にも生活用水としても利用することができます。昔ながらの井戸が残っている家庭では、災害時に使えるように古井戸を再利用する動きもでてきています。